新着情報 新着情報

新着情報

はくあいニュース

今年もインフルエンザワクチンの予防接種が始まります。

今冬も、新型コロナウイルス感染症 とインフルエンザの同時流⾏が懸念されます。
新型コロナウイルスワクチンは接種完了されましたでしょうか。
インフルエンザ予防接種も併せて受けるかどうか迷われていませんか。

インフルエンザワクチンを接種するには…

新型コロナウイルスワクチン接種と前後2週間間隔を空ける必要があります。
日本感染症学会からも最新の情報でも「本年度のインフルエンザワクチンの積極的な接種を推奨する」と言われています。
特に重症化のリスクが高い方はインフルエンザワクチン接種が強く推奨されます。

重症化する危険が高い人

  • 高齢者
  • 幼児(6ヵ月以上5歳未満)
  • 妊婦
  • 持病のある方
    慢性呼吸器疾患(気管支喘息やCOPDなど)、慢性心疾患、慢性腎・肝・血液・代謝(糖尿病など)疾患のある人、免疫抑制状態など
  • 長期療養施設の入所者

感染・重症化予防の為にもインフルエンザワクチン接種して元気にこの冬を乗り越えましょう。

※今年度はインフルエンザワクチンの供給量が昨年度より少ないと言われています。かかりつけ医での早めの接種をお勧めします。

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
088-669-2166
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る