当院について 当院について

当院について

理事長よりみなさまへ

医療法人平成博愛会 理事長 武久 洋三

博愛記念病院は昭和59年1月の開院以来、2018年現在35年が経過致しました。地域の皆様に、長年暖かくご利用頂きまして誠にありがとうございます。

平成26年4月より徳島県の2次救急指定病院として多くの救急患者さんを24時間お引受けしております。病院は210床、老健は100床、特養が77床、ケアハウス70床、グループホーム18床、有料老人ホーム32床と敷地内で総計507床の入院・入所が可能です。また、デイケア、デイサービス、訪問看護、訪問リハビリ等、医療・介護の総合センターとして、急な病気から、慢性の病気まで広い範囲の医療分野を豊富な医療スタッフで地域に提供させて頂いております。

また、関連病院として、伊賀町に徳島逓信病院から経営を依頼された徳島平成病院や、小松島の大林町の阿南バイパス沿いで新築の江藤病院の運営も致しております。

鳴門の小規模多機能センターから那賀郡那賀町のケアホーム鷲敷まで徳島県の北から南まで、病院3つ、老健3つ、特養2つ、ケアハウス1つ、グループホーム4つ、有料老人ホーム5つと、多くの医療福祉施設を1600人近くの職員で運営しています。

開設35年を迎えて徳島県の医療・福祉にさらに貢献できますように、職員一同全力を尽くしておりますのでよろしくお願い致します。何でもお気軽にご相談ください。

院長よりみなさまへ

博愛記念病院 院長 大串 文隆

令和2年4月1日より博愛記念病院の院長として赴任いたしました。
昭和53年、徳島大学医学部の卒業で、徳島大学第三内科に入局し、昭和54年より大阪府立羽曳野病院で呼吸器疾患の研修を受け、昭和59年より米国国立衛生研究所呼吸器部門で研究員として肺気腫研究に従事しました。昭和62年に帰国後は徳島大学第三内科で臨床、研究、教育に取り組み、平成12年から国立高知病院に勤務し、令和2年3月31日定年退職いたしました。

地域医療構想においても病院機能を高度急性期、急性期、回復期、慢性期に区分し介護とともに地域包括ケアシステム構築の方向に進んでいます。博愛記念病院は開院時より慢性期、回復期医療に取り組んできた病院で、今後医療ニーズの推計によると慢性期や回復期の患者さんを扱う当院の重要性は今まで以上に増してくることが想定されます。

私も慢性期、回復期医療に積極的に取り組んでいる博愛記念病院で慢性期医療について勉強していきたいと思っております。医療の質の向上を図りチーム医療を強化し博愛記念病院の理念である「絶対に見捨てない医療」を実践していく所存です。

関係者の皆様には今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
088-669-2166
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る