部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

藤原 美恵

名前

看護部長藤原 美恵

当院看護部では「患者様の権利を尊重し、ADLの向上と自立支援に努め、質の高い医療福祉を目指した看護・介護を提供いたしますを看護部理念に掲げ日々努めています。多職種と情報共有し連携を図りながら、各病棟の機能・役割に応じた患者様にとって最良のケアを提供しています。退院した後も病棟看護師が訪問することにより在宅サービス提供者等と連携し情報提供を行ない異常の早期発見に努めています。また、専門職として常に向上心を忘れずスキルアップを図っています。その一つに2015年より看護師特定行為研修にも積極的に取り組み毎年研修生を送り出しています。これからも現状に満足せず歩み続けて参ります。

看護部理念

あらゆる人々にすこやかな身体、いたわりの心、
科学的根拠に基づいた看護を提供します。

  1. 看護地域中核病院として、専門職としての自覚と責任を持ってあらゆる健康レベルに対応、サポートします。
  2. 「生命の尊厳」と「人権」を尊重し感性豊かな人間性を養います。
  3. 高度な看護が提供できる人材を育成し、自己啓発に努めます。

看護部目標

  1. 私たちは、専門職として常に自己研鑽し、知識・技術を深め、患者・家族のニーズに科学的・創造的にそして主体的に対応し、根拠に基づいた看護を実践します。
  2. 地域との連携を密にして、入院前から退院後も、その人がその人らしく社会的な生活が送れるよう看護(介護)を提供する。
  3. やさしく、親切な接遇に責任を持ち、患者さんのそばに立った看護(介護)に努める。
  4. やさしさ、豊かな感性、広い視野をもった人材を育成し、科学的根拠に基づいた看護を提供します。

特定行為研修修了看護師

高齢者人口の増加や急性期病院における在院日数の短縮、医師の業務負担の増加などが問題とされる中、慢性期病院では効率的、効果的な医療提供体制の確保が必要と考えられ、専門的知識と高い技能を持った看護師が求められています。

「特定行為に係る看護師の研修制度」は、急速に進む超高齢社会に向けて、チーム医療において重要な役割を担う看護師を育成するために創設されました。
特定行為研修を修了した看護師は、医師または歯科医師の支持の下、あらかじめ作成された手順書により患者さんの状態に応じて、気管カニューレの交換、褥瘡の処置(陰圧閉鎖療法や血流のない壊死組織の除去)等の一定の診療補助を行うことができ、慢性期病院におけるチーム医療に大きな貢献が期待できます。

当院には5名の研修修了者と2名の研修中の看護師が在籍しており、今後も多くの研修修了者を確保するため病院をあげてサポートしています。


特定行為に係る看護師の研修制度

当院の特定行為研修修了看護師


ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
088-669-2166
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る